元DeNA久保康友が8勝目 メキシカンLトップの144奪三振、球団新記録樹立!

元DeNA久保康友が8勝目 メキシカンLトップの144奪三振、球団新記録樹立!
球団記録を更新し、シーズン136個目の三振を奪ったボールを手にする久保康友【写真:球団提供】
8回11安打6失点で8勝目、PO進出は絶望的もチームに明るいニュース

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンに所属する元DeNAの久保康友投手が18日(日本時間19日)、敵地で行われたゲレーロス・デ・オアハカ戦に先発し、8回11安打6失点で8勝目を挙げた。この日は9三振を奪い、今季通算144奪三振。これまで136だった球団のシーズン最多奪三振記録を更新した。これで通算25試合8勝13敗、防御率5.97となった。

 一方、チームは45勝64敗で南地区7位。9試合を残し、ワイルドカードでのプレーオフ出場の可能性がある5位のペリコス・デ・プエブラと9ゲーム差。この日、レオンが勝利し、プエブラが敗れたため、この日のレギュラーシーズンでの敗退こそ逃れたが、残り9試合でレオンが全勝しても、レオンと0.5差の6位につけるピラタス・デ・カンペチェを追い抜き、プエブラが残り9試合全敗しない限り、プレーオフ進出の可能性はない。

 プレーオフ進出が絶望的な状況の中、久保がチームに明るいニュースを届けた。奪三振数でリーグトップの座を走る久保は、この日も9奪三振。先発も残り2試合となり、タイトル獲得に向けて意識的に三振を狙いに行った中で、しっかりと数を積み上げ、リーグ2位と10差の144奪三振。投球回も144回2/3とし、リーグトップの座を守った。初回、球団記録を更新する今季136個目の三振を奪うと、ベンチに戻った後、首脳陣やチームメイトから熱い抱擁で新記録樹立を祝福された。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年8月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。