【高校野球】星稜が24年ぶり決勝へ 奥川は7回10K零封の快投、防御率0.00のまま石川県勢初Vへ王手

【高校野球】星稜が24年ぶり決勝へ 奥川は7回10K零封の快投、防御率0.00のまま石川県勢初Vへ王手
星稜が中京学院大中京を9-0で下し決勝進出
準優勝した1995年以来の決勝で履正社と激突、打線は11安打9得点と大量援護

 第101回全国高校野球選手権大会第13日が20日、甲子園球場で行われ、決勝進出をかけた第2試合で星稜(石川)が中京学院大中京(岐阜)を9-0で破り、決勝進出を果たした。準優勝した1995年以来24年ぶりの決勝進出となる。

 この日の主役も星稜のプロ注目右腕・奥川恭伸投手だった。先頭にヒットを許したものの、その後は四死球すら出さずに20人連続アウト。7回2死から藤田に右前打を打たれたが、続く小田は打ち取って7回2安打無失点10奪三振。9点リードの8回からは寺沢にマウンドを譲り、レフトの守備に就いた。これで今大会の防御率0.00を継続。自責点を許さないまま優勝すれば、48年ぶり史上8人目の快挙となる。

 打線は初回に内山の犠飛で先制すると、11安打9得点。準々決勝に続く大量援護で、履正社(大阪)が待つ決勝に駒を進めた。石川県勢初の優勝へ王手をかけた。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年8月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。