ロッテ・ブランドンは左肘屈筋腱の炎症 投球は圧痛が消失してから開始

ロッテ・ブランドンは左肘屈筋腱の炎症 投球は圧痛が消失してから開始
ロッテのブランドン・マン【写真:福谷佑介】
今季14試合登板も18日に登録抹消

 ロッテは21日、左肘に痛みを訴えていたブランドン・マン投手が横浜市内の病院で診断を行い、左肘屈筋腱の炎症と診断されたと発表した。投球は圧痛が消失してから開始するという。

 ブランドンは今季14試合に登板し、0勝2敗3ホールド、防御率3.94の成績をマーク。18日に出場選手登録を抹消されていた。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年8月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。