特大ソロ、天井二塁打、好走塁…大暴れの大谷翔平、来春WBCへ「いい経験」

特大ソロ、天井二塁打、好走塁…大暴れの大谷翔平、来春WBCへ「いい経験」
衝撃の“天井二塁打”を放った侍ジャパンの大谷翔平【写真:Getty Images】
天井二塁打に「打った瞬間の飛距離は十分」

 13日のオランダ戦で衝撃の“天井二塁打”を放った侍ジャパン大谷翔平が強化試合4試合について「いい経験になった」と手応えを口にした。

 この日ベンチスタートとなった大谷は6点を追う7回に先頭・大野の代打で登場。141キロの直球をフルスイングすると、高々と上がった打球は東京ドームの天井の隙間に吸い込まれ、そのまま落ちてこなかった。

 ダイヤモンドを一周したが、審判団の協議の結果、二塁打に。侍ジャパンはこの一打をきっかけにこの回一挙6得点で同点とし、延長10回に鈴木(広島)の勝ち越し満塁弾で競り勝った。

 試合後、大谷は「(打席では)出塁することだけ考えた。それだけです」と振り返り、「打球は見えてました。打った瞬間の飛距離は十分。きれるかと思ったが、グラウンドインだったのでヒットだと思った。一応ホームまで走りましたけど。いい状態で打席に入れた」と充実の表情を浮かべた。

手応えつかんだ強化試合、「いい経験になった」

 今回は投手としての起用は見送られ、指名打者と代打の起用に限定された。その強化試合初戦、メキシコ代表との第1戦では代打で三振に倒れたが、第2戦では「3番・DH」で出場し、4打数2安打2四球1盗塁と活躍。相手がオランダに変わった第3戦では「6番・DH」で出場し、1本塁打を含む5打数2安打1打点、そしてこの日は1打数1安打1打点と結果を残した。

 強化試合について「いい経験になった。(オランダとの)2試合とも逆転できて、いいゲームになった」と振り返った大谷は「シーズンは終わりましたけど、そこ(WBC)をみて調整したい。(投打は)使ってもらえたところで、必要とされたところで活躍できるようにしたい」と力を込めた。

 投打として欠かせない戦力となった22歳をどう起用していくのか。世界一奪還へ大きなポイントとなりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大谷翔平 年俸
  2. 大谷翔平 手術
  3. 大谷翔平 現地メディア
Full-countの記事をもっと見る 2016年11月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

「大谷翔平 + 年俸」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「内野手」のニュース

次に読みたい関連記事「内野手」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。