敵地で優勝決定の日米最終戦 ビジター盛り上げる演出でアドバンテージ失うことも?

敵地で優勝決定の日米最終戦 ビジター盛り上げる演出でアドバンテージ失うことも?
ワールドシリーズが行われたインディアンスの本拠地・プログレッシブ・フィールド【写真:Getty Images】
日本シリーズとワールドシリーズ、敵ファンを盛り上げる企画に違いは?

 日本シリーズ第6戦。北海道日本ハムファイターズが広島での2連敗から本拠地・札幌ドームで3連勝をマークし、日本一制覇に王手をかけた後に迎えた試合だった。そこには真っ赤に染まるマツダスタジアムで声を枯らしてファイターズを応援するファンの姿があった。

 さかのぼると、試合の4時間以上前からファイターズファンはスタジアム周辺に集まっていた。応援団仲間が集結していたり、ファイターズの選手の球場入りを待っていたりと、その過ごし方は人それぞれだった。勝利すれば10年ぶりの日本一。王手のかかった一戦だっただけに、地元・北海道のテレビ局や新聞社もファイターズファンを見つけてはインタビューを敢行していた。

 そんな中、ファイターズの陽岱鋼外野手のユニホームを身にまとった夫婦がいた。話を聞くと、その家族は台湾からわざわざやってきたとのことだった。パシフィックリーグマーケティングをはじめとするパ・リーグ球団の台湾での活動がこのような形として、広島に表れていたのだ。日本シリーズという舞台にわざわざ海外から観戦に来るファンが増えれば、今後またその価値も高まっていくはずだ。

 試合開始前からファイターズのユニホームを身にまとうファンの姿がポツポツと見えたが、多くの種類のユニホームを身にまとっていた人たちが目立った。真っ赤なカープに対抗して、違う色のユニホームは自然と目立ったが、緑、白、ピンクとさまざまなファイターズのユニホームを着ており、中には東京を本拠地としていた時代のユニホームを着ている人もいた。


Full-countの記事をもっと見る 2016年11月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。