【MLB】年俸22.5億円の“不良債権化”外野手は「制限ないトレーニングに…」 ヤ軍負傷者の現状

【MLB】年俸22.5億円の“不良債権化”外野手は「制限ないトレーニングに…」 ヤ軍負傷者の現状
ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】
負傷者続出も圧倒的強さ見せるヤンキース、エルズベリーは「9月には野球に直接関連した活動を再開」

 今季92勝49敗の勝率.652を誇り、ア・リーグ東地区首位を独走するヤンキース。前半戦から負傷者が続出しながら、圧倒的な強さを見せてきた。エース右腕のルイス・セベリーノ投手、大砲のジャンカルロ・スタントン外野手がプレーオフ前に戻ってくると見られている一方、今季中の復帰が絶望視されている選手もいる。“不良債権化”が指摘されているジャコビー・エルズベリー外野手もその一人で、MLB公式サイトは「エルズベリーはウエイトルームでの制限がないトレーニングへと移行しようとしている段階」と伝えている。

 35歳のエルズベリーはレッドソックス時代の2011年に打率.321、212安打、32本塁打、39盗塁と躍動し、ア・リーグMVPの投票ではバーランダーに次いで2位に入った。さらに、2013年には打率.298、9本塁打でリーグトップの52盗塁を記録し、不動の1番打者としてワールドシリーズ制覇に大きく貢献。同年オフにFAとなり、7年総額1億5300万ドル(約163億円)の超大型契約でライバルのヤンキースへ移籍した。

 ただ、その後は負傷もあって徐々に成績を落とし、昨季はメジャー出場ゼロ。年俸2114万ドル(約22億5000万円)の今季は左臀部の手術の影響で開幕から負傷者リスト(IL)入りし、いまだに復帰できていない。そして、このままシーズンを終えそうだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月5日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら