【U-18W杯】日の丸を背負って戦ったもう1人の日本人 女性審判員・佐藤加奈さんの誇り

【U-18W杯】日の丸を背負って戦ったもう1人の日本人 女性審判員・佐藤加奈さんの誇り
U-18決勝の米国-台湾戦などで左翼の線審を務めた女性審判員の佐藤加奈さん【写真:荒川祐史】
女性審判員の佐藤加奈さん、過去に女子アジア杯とW杯で世界大会を経験

「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」を戦っていた日本人は野球日本代表「侍ジャパン」だけではなかった。女性審判員の佐藤加奈さんも韓国・機張現代車ドリームボールパークの舞台に立った。5日には日本-カナダが行われた裏で中国ースペイン戦の主審、決勝の米国-台湾戦でも左翼の線審を務めた佐藤さん。今大会で約10試合、ジャッジした。佐藤さんにとって3度目の国際大会で、初めての男子の大会だ。

“決勝の舞台”に佐藤さんは立っていた。8日夜、米国-台湾の頂点を決める戦いで線審を務めた。日本の女性審判員として、輝かしい足跡だ。これまで“出場”した国際大会は2017年に香港で行われた女子野球のアジアカップ、2018年に米国・フロリダで行われた女子野球W杯の2回。初めて裁く男子の野球は迫力が違うようだ。

「海外の選手は18歳と思えないくらい体も大きいですし、プレーだけでなく、言葉の迫力も違います。言語がわからない中、『なんで今のがストライクなんだ!』みたいな感じで言われると自信がなくなってしまう瞬間もありますね」

 佐藤さんの本職は中学校の教員。特別に許可を得て、今、韓国での国際大会をジャッジしている。学生時代は日体大の野球部でもプレー。夏の高校野球の大阪大会で初の女性審判を務め、阪神大学野球リーグでも試合を裁いた実績がある。それでも、まだ慣れない世界大会。心が折れそうになっても、ぶれないポリシーがある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら