元妻DVのラッセル 顔面死球で交代するも「妻の気持ちわかったね」

記事まとめ

  • カブスのアディソン・ラッセルが、顔面に約151キロの死球を受けて交代。
  • 「妻の気持ちがわかったね」という心無い声や、それを軽蔑する声が多数あがっている。
  • 昨年、元妻へのDV行為で40試合の出場停止処分を科されていた。

【MLB】元妻にDVの内野手、顔面に151キロ死球受け…喜ぶ声にファン苦言「恥じるべき」

【MLB】元妻にDVの内野手、顔面に151キロ死球受け…喜ぶ声にファン苦言「恥じるべき」
死球を受けうずくまるカブスのアディソン・ラッセル【写真:Getty Images】
昨季は元妻にDV行為を働き、40試合の出場停止処分を科されたラッセル

■ブルワーズ 8-5 カブス(日本時間9日・ミルウォーキー)

 カブスのアディソン・ラッセル内野手が8日(日本時間9日)、顔面に死球を受けて交代した。昨季、元妻へのDV行為で40試合の出場停止処分となっていたラッセル。顔面に速球が直撃する痛々しい場面となったが、冷ややかな声をあげる心無いファンが多く、それを軽蔑するコメントもついた。

 3回先頭で打席に入ったラッセルに悲劇が訪れる。ハウザーの投じた4球目、93.7マイル(約151キロ)直球が顔面に直撃。鼻のあたりを抑えてうずくまったが、自力で立ち上がって一塁へ向かった。続くボートの打席では盗塁し、右前打で元気に生還した。しかし、その後、脳震盪の疑いから交代した。

 ラッセルは昨季、元妻メリサ・レイディさんへのDV行為でMLBの規定に違反したとして、40試合の出場停止処分を科された。その後、2人は離婚。ラッセルは今年5月8日に処分が明け、復帰していた。

 地元紙「ミルウォーキー・ジャーナルセンチネル」のトム・ハウドリコート記者、「ESPNシカゴ」のジェシー・ロジャース記者、「NBCスポーツシカゴ」レポーターのトニー・アンドラッキ氏はこの頭部死球をツイッターでレポート。それぞれに多くのコメントがついたが、その多くは同情ではなく「彼の妻のほうが恐い思いをしたんじゃないかな」「叩かれることがどんなことか分かったんじゃない」「彼の元妻の気持ちが分かったんじゃない?」などという心無い辛辣なものだった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月10日の野球記事
「【MLB】元妻にDVの内野手、顔面に151キロ死球受け…喜ぶ声にファン苦言「恥じるべき」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    要するに、死球を喜ぶ声は「本音」、それを非難する声は「建前」。 だから、両者はなんら矛盾しない

    2
  • 匿名さん 通報

    なるほど、DVのほうがマシだって言いたいわけね

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら