リクエスト制度は「なくなってほしい」 元審判員が求める野球の醍醐味

リクエスト制度は「なくなってほしい」 元審判員が求める野球の醍醐味
際どいプレーも多いプロ野球。山崎氏はリクエスト制度は「なくなってほしい」と話す。【写真:荒川祐史】
球史を彩った名場面には誤審や抗議、トラブルも多くあった

 1982年からパ・リーグの審判員を務めた山崎夏生さんは、2018年に審判技術指導員を退職した後、審判の権威向上を目指して講演や執筆活動を行っている。今回はリクエスト制度について。山崎さんは「なくなってほしい」とキッパリ。リプレー検証だけでなく、機械で裁く野球が当たり前にならないでほしいと願った。

――――――――――

 この仕事をずっとやってきた中で「しまった……」という裁定をしてしまい、選手でいう“2軍落ち”のようなことを経験もしました。猛烈な抗議を受けたから、一生懸命、練習もしましたし、批判されて嫌な思いもしました。でも、それがあったから、負けずにやって来ました。

 リクエスト制度が導入され、今の審判のジャッジは“仮判定”のようなものです。最終決定は機械に任せる形になっています。私もNPBという組織に属していましたので、導入が決まったリクエスト制度には最善を尽くさないといけないと思い、やっていました。でも、私は好きじゃない。人間のやるスポーツですから、人間の目で裁きたい。

 米国ではストライクやボールという判定も機械でという流れも出てきています。そのうち、センサーをつけて、一塁のアウト、セーフも機械になる。審判は仮判定を下す飾り物でいいのかという危機感を持っています。私はそんな野球を見る気はしないですね。一ファンとしても見たくない。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら