82歳で死去した元阪神バッキー氏 日本で花開き、通算100勝をマーク

82歳で死去した元阪神バッキー氏 日本で花開き、通算100勝をマーク
ジーン・バッキー氏のNPB通算成績
米国では“ノーコン投手”、1962年にテスト入団

 9月14日に82歳で世を去った元阪神の投手、ジーン・バッキー氏は1937年8月12日、米ルイジアナ州に生まれ、大学から1957年にデトロイト・タイガースとマイナー契約した。1年目は3つのマイナーチームで投げたが0勝9敗、2年目は11勝を挙げたが防御率は3.94。以降も成績はぱっとしなかった。問題は制球力だった。完投すれば4-5人は四球で歩かせた。191センチの長身。ボールの威力はあったが、投球は安定しなかった。

 1961年にはツインズに譲渡され、翌62年はエンゼルス傘下のハワイ・アイランダーズでプレーした。当時、このチームはエンゼルス傘下の3Aだったが、かつてはアマチュアチームであり、日系人もプレーしていた。バッキーは救援で2試合、1イニングを投げたが自責点1。リリースされることが濃厚になっていた。

 そこで、阪神タイガースの入団テストを受けることになった。バッキーは1962年7月にチームを離れ、来日した。阪神は戦前から外国人がプレーしていたが、すべてハワイ出身を中心とした日系人だった。日系以外の外国人は、1960年のマイク・ソロムコが初めてだった。当時は特定のスカウトはおらず、仲介者に紹介された選手を、球団がテストして獲得を決めていた。バッキーはテストでもノーコンだったが、藤本定義監督が獲得を指示したという。

 バッキーは日系以外では初めての外国人投手。阪神はこの年、マーク・ブラウンスタインという投手もテストを経て獲得している。ブラウンスタインは、米国の大学卒業直後に入団したが、1軍で出場することなく退団した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら