永川、館山の引退決断で残るは6人… “松坂世代”の現在地、阪神・藤川の輝き際立つ

永川、館山の引退決断で残るは6人… “松坂世代”の現在地、阪神・藤川の輝き際立つ
阪神・藤川球児【写真:荒川祐史】
ソフトバンクの和田は左肩故障から復活、中日松坂は苦闘の1年に

 プロ野球の2019年シーズンも残すところ、あと10試合前後。セパ両リーグともにまだリーグ優勝も決まっておらず、熾烈なペナントレースが今もなお続いている。

 そんなシーズン佳境に、優勝争いとともに、毎年話題となるのが選手たちの去就。特にベテラン選手たちが現役引退を決断するなど、ファンにとっては寂しい思いを感じることになる季節でもある。

 既に今季は開幕前の段階でロッテの福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ、日本ハムの田中賢介内野手が今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決断。さらには広島の永川勝浩投手、ヤクルトの館山昌平投手、畠山和洋内野手、阪神のランディ・メッセンジャー投手らの引退が発表された。

 このうち館山と永川は長らく球界の中心として牽引してきた“松坂世代”の面々。かつては各球団の核として多くの選手が何十人と活躍してきたが、その松坂世代も39歳を迎えるベテランに。1人、また1人とユニホームを脱ぎ、楽天の平石洋介監督のように指導者となっている者もいる。

 プロ野球に残る“松坂世代”は館山、永川の引退で、残り6人に。その6選手の今季の成績を振り返ってみよう。

松坂大輔(中日)
2試合0勝1敗0セーブ0ホールド 防16.88

藤川球児(阪神)
50試合4勝1敗12セーブ23ホールド 防1.44

和田毅(ソフトバンク)
11試合4勝4敗0セーブ0ホールド 防3.86


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら