なぜホークスは新会社「AcroBats」を作ったか? 選手の引退後をサポートする意義と狙い

なぜホークスは新会社「AcroBats」を作ったか? 選手の引退後をサポートする意義と狙い
新会社「AcroBats(アクロバッツ)」の設立会見に出席した江尻慎太郎氏(左)と摂津正氏(右)【画像:(C)PLM】
「アスリートはユニホームを脱いだ後でも“資産”」

 9月18日、ソフトバンクホークス株式会社は、アスリートのセカンドキャリアサポートを行う新会社「AcroBats(アクロバッツ)株式会社」の設立を発表した。同日行われた記者会見では、代表取締役社長の安積研二氏と、事業・戦略・企画担当の江尻慎太郎氏に加え、同社とマネジメント契約を行った元福岡ソフトバンクホークス攝津正氏が登壇した。

 会見の冒頭、「アスリートはユニホームを脱いだ後でも“資産”」だと述べた安積社長。

「“引退選手のセカンドキャリア支援”を語るときに、就業支援をすることだけがアスリートや社会にとって必ずしも最適なものとは言えないという考えがあり、昨年末にプロジェクトチームを発足して議論をしてきました。その中でアスリートの価値やプロスポーツの価値、アスリートは感動させるのだということを、より永続的なものに変えていこうという結論に至りました」

 AcroBatsの社員は安積社長と江尻氏の2名、所属OBは江尻氏、攝津氏の2名というミニマム体制での船出となる。今後正式契約となったアスリートOBは、順次公表される模様だ。ホークスOBとして自身もメディアへの露出が多い江尻氏は、事業・戦略・企画担当として「メディアやスポンサーと、アスリートOB間の橋渡しをしていきたい」とその役割を語る。

 具体的には、イベントや講演会、スポーツ教室へのOBの斡旋・キャスティング、企業とのアドバイザリー契約などが事業の柱となる。球団の一事業ではなく子会社とした理由として、「ゆくゆくはホークスだけでなく、他の球団やJリーグ、Bリーグなど異なるフィールドの人も巻き込んで成長していきたいから」と安積社長。ホークスにこだわらない形にした結果の新会社設立だった。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら