ドラフト1位競合は得策か? 過去5年で複数球団が競合した選手の今

ドラフト1位競合は得策か? 過去5年で複数球団が競合した選手の今
日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】
今年のドラフトでは佐々木、奥川、森下の競合が予想される

 2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は10月17日に都内のホテルで開催される。今年のドラフトは最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手、最速154キロで甲子園準V投手の星稜・奥川恭伸投手、大学ナンバー1投手の明大・森下暢仁投手の3人が最大の目玉とされ、この3人は競合が必至とされる。

 今後、プロ志望届を提出するか否かで状況は変わってくるものの、いずれもプロを志望すると見られている(森下は提出済)。競合覚悟で、この3人に入札するのか、はたまた競合を避けて一本釣りを狙うのか、各球団の駆け引き、戦略が問われることになる。

 その年の目玉選手で競合するのは、得策なのか。過去のドラフトで目玉と言われて競合した選手たちは、今、どれほどの成績を残しているのだろうか。過去5年のドラフトを振り返ってみてみたい。

○2018年
小園海斗(4球団→広島)
根尾昂(4球団→中日)
藤原恭大(3球団→ロッテ)

外れ1位
辰己涼介(4球団→楽天)
上茶谷大河(2球団→DeNA)

 昨年のドラフトで注目を集めたのは小園、根尾、藤原の高卒野手トリオ。ただ、ルーキーイヤーはそれぞれ研鑽の年となっている。最多の4球団が競合した小園は終盤、田中の不振もあり1軍で出場経験を掴み、そのポテンシャルの高さを証明している。高卒開幕スタメンを掴んだ藤原だが、すぐにファーム降格となり、2軍で実戦の経験を重ねている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
Full-countの記事をもっと見る 2019年9月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら