DeNA今永、今季自己ワースト5回途中7失点KO 長野にトドメの3ラン浴び降板

DeNA今永、今季自己ワースト5回途中7失点KO 長野にトドメの3ラン浴び降板
広島・長野久義【写真:荒川祐史】
対広島に6戦5勝と好相性だったが…鈴木、長野に被弾

■DeNA – 広島(19日・横浜)

 DeNAの今永昇太投手は19日、横浜スタジアムでの広島戦に先発するも、今季自己ワーストとなる4回1/3で降板。84球を投げ7安打6奪三振3四球、7失点だった。

 初回から広島打線に攻められた。先頭の西川に二塁への内野安打を打たれると、2死一、二塁のピンチで会沢に三塁線を破る先制の2点適時二塁打。さらにメヒアには左中間への適時二塁打を浴び初回にいきなり3失点。

 さらに3回は1死からの鈴木に2ボールからの直球を左中間へソロを浴びさらに1点を奪われた。そして5回、先頭の西川に右前打を許すと、菊池が投犠打で1死一塁。続く鈴木を歩かせるとこの日「4番・左翼」で出場した長野にバックスクリーンへ3ランを浴び7失点で降板となった。

 今永は今季23試合に登板し、13勝6敗、防御率2.39。うち5勝が広島相手と好相性のはずだったが、6敗目を喫した10日巨人戦に続き結果を残せず。ハーラートップタイの14勝目を逃した。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら