DeNA劇的サヨナラ勝利にラミレス監督「こんなエキサイティングな試合、見たことない」

DeNA劇的サヨナラ勝利にラミレス監督「こんなエキサイティングな試合、見たことない」
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
2度同点に追いつき、延長11回にソトがサヨナラホームラン

■DeNA 11-8 広島(19日・横浜)

 DeNAは19日、横浜スタジアムでの広島戦に11-8で勝利した。6回まで7点をリードされる苦しい展開から、2度も同点に追いつき、最後は延長11回にソトが42号サヨナラ3ラン。ドラマチックな展開にラミレス監督も目を輝かせた。

 これまで対広島戦で6戦5勝と好相性だった先発・今永が誤算、今季自己ワーストの4回1/3を7失点で降板した。しかしその後、6回にソトの41号3ラン、さらに代打・梶谷の満塁弾で一挙7点。その後も8回に1点を奪われたが、再び同点に。最後は劇的サヨナラ弾というすさまじい試合に、ラミレス監督も「私もこんなエキサイティングな試合は見たことがない」と興奮を隠せない様子だ。

 一時は7点を追う立場となったが、「(7点も奪い)こんなことになると、確信していたといえば嘘になる。何点かは取れると思っていたが……」と一挙7点の猛攻に脱帽。「ソト、梶谷だけでなく、中井が大事な場面でバントを決めたり、すべて含めての勝利だと思う」と貴重な1勝を喜んだ。

 8-8で迎えた9回から山崎が2回を投げたが、「もう長いシーズンを考えて戦うわけではなく、“今日勝つために何をするか”を考えなければいけない。こういう試合は1年に1回くらいしかない」と続投を決断。山崎が2回を投げるのは、2015年8月29日の広島戦(横浜)以来、約4年ぶり。山崎はその起用に応え、2回32球を投げて無失点。まさにチームの執念で勝ち取った試合だった。

 20日からは本拠地にマジック4が灯る首位・巨人を迎えての2連戦。ゲーム差を3まで縮めて迎えた直接対決に、「明日からも簡単な試合は1つもない。しっかり準備して臨みたい」と意気込んだ。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら