オリ安達が決勝HRに「100点です」 パーソルDAY ZOZOマリンスタジアム編

オリ安達が決勝HRに「100点です」 パーソルDAY ZOZOマリンスタジアム編
ファンの声援に応えるオリックス・安達了一【写真:パーソル パ・リーグTV】
ロッテ鈴木が打者、中村が捕手の滅多にお目にかかれない始球式となった

 パ・リーグのオフィシャルスポンサー・パーソルグループの冠試合「パーソルDAY」。8月31日に行われた、ロッテ-オリックス戦は、6球団で最後のパーソルDAYとなった。シーズン後半、Aクラスそして「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」に向けた2チームの熱い試合が繰り広げられた。

 パーソルDAYラストの始球式は、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービスグループのパーソルグループで働く社員の中から公募で決められたのだという。約4万5千人の社員の代表として、転職キャリアアドバイザーの山本洋平さんが選ばれた。

 千葉ロッテ、特に鈴木大地内野手のキャプテンシーと、チームに献身的な姿が好きで、社内でマリーンズ観戦部「鴎の会」を立ち上げたという山本さん。そのマリーンズ愛に、チーム関係者も心を打たれたのか(!?)、鈴木が打者、中村奨吾内野手が捕手という、滅多にお目にかかれない始球式となった。

 左腕から投じたボールはシュート気味に変化し、中村のミットにノーバンで収まり、見事成功! 「緊張して(投球内容を)覚えていない」と苦笑した山本さんだったが、気迫のピッチングは千葉ロッテの選手たちに届いたはずだ。

緊迫した試合は、オリ安達が決めた! 力みのないバッティングの秘訣とは?

 試合は投手戦の様相。投手陣が要所を締め、両チームも打棒が湿り気味。よもや延長か…… と思った9回表、打席にはオリックス安達了一内野手。ロッテ益田直也投手が投じた高めのストレートをうまくさばくと、打球は大勢のオリックスファンが待つ左翼中段へ。これが決勝打となり、2-1でオリックスが勝利した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら