オリックス、なぜ5年連続Bクラスでも西村監督続投? 評価のポイント、変化する球団の姿勢

オリックス、なぜ5年連続Bクラスでも西村監督続投? 評価のポイント、変化する球団の姿勢
オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】
2020年シーズンも西村監督が指揮を執ることを発表したオリックス

 オリックスの西村徳文監督が来季も指揮を執ることが決まった。21日に湊通夫球団社長は「監督だけの責任ではない。若手の台頭は大きく、土台つくりには成功している。時間とともにうまくいくのが見えた1年だった」と語った。

 ここまで最下位に低迷し5年連続のBクラスが確定している中、チームが西村監督に続投を要請したのは何故なのか? まずはオリックスと近鉄が球団合併した2005年からの歴代監督を振り返ってみる。

2005 4位 仰木彬
2006 5位 中村勝広
2007 6位 T.コリンズ
2008 2位 コリンズ・大石大二郎
2009 6位 大石大二郎
2010 5位 岡田彰布
2011 4位 岡田彰布
2012 6位 岡田彰布
2013 5位 森脇浩司
2014 2位 森脇浩司
2015 5位 森脇浩司
2016 6位 福良淳一
2017 4位 福良淳一
2018 4位 福良淳一
2019 6位 西村徳文

 ここまで最も長く監督を務めたのは岡田氏、森脇氏、福良氏(現GM)の3年が最長。ひと昔前は低迷するとシーズン中にも監督が辞任(解任)するなど一年ごとに現場のトップが変わっていた。プロ野球の世界でたった12人しかその座に就くことができない名誉職。

 プロ野球経験者なら誰もが憧れるポジションだが、オリックスは“1年クビ”が多く過去には“受け手”に断れることも実際にあった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら