巨人が5年ぶり37度目V、DeNA胴上げ許す 阪神CSの可能性残す…21日のセ・リーグは?

巨人が5年ぶり37度目V、DeNA胴上げ許す 阪神CSの可能性残す…21日のセ・リーグは?
巨人・原監督【写真:Getty Images】
巨人はDeNAに勝って優勝決める、原監督は通算8度目の優勝

 セ・リーグは21日、各地で3試合を行い、巨人、阪神、中日がそれぞれ勝利した。優勝マジックを2としていた巨人は5年ぶり37度目の優勝を決めた。

 巨人は敵地・横浜スタジアムで2位のDeNAと対戦し、延長10回の激戦の末に3-2で勝利した。プロ入り初登板初先発となった戸郷が2点を先制されながらも、5回途中2失点と粘投。7回に相手バッテリーのミスで1点を返すと、9回2死から重信、若林の連続四球でチャンスを作り、小林が起死回生の同点適時打。延長戦に持ち込むと、亀井、坂本の連続四球でチャンスを作り増田大が中前適時打を放って激戦にケリをつけた。巨人は5年ぶりのセ・リーグ優勝を決め、復帰1年目で通算8回目の優勝となった原辰徳監督は8度、胴上げされた。

 DeNAはリードを奪いながらも、リリーフ陣が崩れて逆転負けを喫し、目前で胴上げされる屈辱を味わった。3回に乙坂の2ランで先制。1点差で9回を迎えたものの、守護神の山崎が四球でピンチを招き、痛恨の同点打を浴びた。延長10回には三嶋がこちらも連続四球で窮地を招いて決勝の適時打を浴びた。

 阪神は本拠地甲子園で広島と対戦して4-2で勝利。クライマックスシリーズ進出の可能性を残した。先発の西が初回、2回に1点ずつ奪われて2点を先制されたが、6回にジョンソンの2つの暴投で同点に。8回には代打・北條が2ランを放ち勝ち越した。西は8回2失点の好投で9勝目。広島は打線が3回以降、沈黙。ジョンソンの2暴投での失点も痛かった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月22日の野球記事
「巨人が5年ぶり37度目V、DeNA胴上げ許す 阪神CSの可能性残す…21日のセ・リーグは?」の みんなの反応 2
  • fukushima banchiou 通報

    gogo読売ジャイアンツ頑張れ巨人軍 阪神タイガース対読売巨人軍 広瀬すず❣️福島伸剛より

    1
  • 匿名さん 通報

    渡辺がヤンキースのモノマネで他球団の一番いい選手ばかり買いあさって作ったジャイアンツ。勝たないわけがない。今中国人が金で優秀な人材、攻略日本の一等地を買い漁っている。どっちもクソ面白くない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら