西武・森が見せた執念のヘッドスライディング 辻監督も「必死だよ」

西武・森が見せた執念のヘッドスライディング 辻監督も「必死だよ」
西武・森友哉【写真:荒川祐史】
6回の打席でパ・リーグ首位打者がセーフティーバントを試みる

■楽天 7-5 西武(22日・楽天生命パーク)

 西武が勝利への執念を見せたが、一歩及ばなかった。22日の楽天戦(楽天生命パーク)。5点ビハインドの8回に中村、外崎の2者連続本塁打で3点を奪い、2点差に詰め寄ったが、追い越すことはできずに敗戦。2位ソフトバンクが勝利したため、15日に優勝へのマジック「9」を点灯させてから初の足踏みとなった。

 初回に森のソロで先制した西武だったが、楽天先発・石橋の前に5回まで4安打と封じられていた。テンポよく投げ込んでくる右腕に対して、なかなか攻撃の糸口を見つけられずにいた。苦しい状況の中で、6回には先頭の森がセーフティーバント。結果的にはアウトだったが、ヘッドスライディングで一塁へと滑り込み気迫を見せた

「必死だよ。あいつがそういうことをするのだから、よっぽど気持ちが入っていたんだろう。チームとしてもみんなそう思うだろうし、そういう気持ちでやっている」と辻監督。試合後、報道陣から「チームを鼓舞するためのプレーか?」という質問を受けた森は「はい。そうですね」と多くは語らなかった。

 4番・中村は8回に30号2ランを放ち、4年ぶりに30本塁打を達成した。しかし、勝利に繋がらなかったこともあり、主砲は「今日はノーコメント」と口数少なく球場を後にした。残り3試合で優勝へのマジックは「3」。ソフトバンクが1ゲーム差に迫る中、昨年の覇者が執念でリーグ2連覇へ駆け抜ける。(安藤かなみ / Kanami Ando)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら