熾烈なパの優勝争いの結末は? 西武がM3も、鷹は日程面にメリット

熾烈なパの優勝争いの結末は? 西武がM3も、鷹は日程面にメリット
ソフトバンク・工藤公康監督(左)と西武・辻発彦監督【写真:藤浦一都、荒川祐史】
西武は“苦手”楽天と2試合、ソフトバンクは“得意”オリックスと3試合

 西武とソフトバンクが熾烈な優勝争いを繰り広げるパ・リーグ。22日に西武が楽天に敗れ、ソフトバンクがオリックスに勝ったことで、その差は再び1ゲーム差に接近した。西武のマジックは「3」のままとなり、マジック点灯後初めて足踏みすることとなった。西武は残り3試合、ソフトバンクは残り4試合となり、最後の最後まで優勝の行方が分からない状況となっている。

 西武の2年連続リーグ優勝、ソフトバンクの逆転での2年ぶり優勝、どちらの可能性もある中、両チームの今後の日程から優勝の行方を見てみよう。

 3試合を残す西武の今後の試合日程は以下のようになっている。

23日:楽天(楽天生命)先発:本田
24日:ロッテ(ZOZO)予想先発:ニール
25日:移動日
26日:楽天(楽天生命)予想先発:十亀or松本航

 ソフトバンクの残り試合の予定は以下だ。

23日:オリックス(京セラD)先発:高橋礼
24日:楽天(楽天生命)予想先発:千賀
25日:移動日
26日:試合なし
27日:移動日
28日:オリックス(京セラD)予想先発:高橋礼
29日:オリックス(京セラD)予想先発:千賀

 西武はCS進出のかかる楽天と2試合、ロッテと1試合を残す。この2チームで3位を争っており、どちらもシーズン最後まで目標を持って戦っているだけに手強い相手と言える。しかも、西武は楽天に苦戦。この日シーズンの負け越しが決まり、楽天生命パークでは3勝6敗と負け越している。しかも、岸、則本昂という難敵の先発が見込まれる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら