熾烈なパの優勝争いの結末は? 西武がM3も、鷹は日程面にメリット

 一方、ソフトバンクは残り4試合のうち、最下位オリックスと3試合を残している。今季は14勝6敗と大きく勝ち越している“お得意様”である。京セラドームも5勝1敗1分と好相性を誇っている。高橋礼、千賀の2本柱を中4日で回し、4試合を2人でまかなえるのもプラス材料になる。楽天とは13勝11敗で勝ち越しを決め、楽天生命パークでは5勝6敗。唯一のネックは、苦手の美馬の先発が予想される点か。

 1ゲームの差をつけている西武が現状、優位にあるのは間違いない。ソフトバンクは残り試合で1つの負けも許されないだろう。ただ、ここからの対戦相手を見ると、逆転の可能性もおおいに孕んでいる。目が離せないパ・リーグの優勝争い。西武か、ソフトバンクか。最後まで予断を許さない。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。