日ハム實松、現役引退で8度宙に舞う “涙”の両軍胴上げ「感謝。今までありがとう」

日ハム實松、現役引退で8度宙に舞う “涙”の両軍胴上げ「感謝。今までありがとう」
巨人・村田修一コーチから花束を受け取る日本ハム・實松一成【画像:パーソル パ・リーグTV】
「まさか胴上げしてもらえると思ってなかったですし、巨人の選手が来てくれるとも思ってなかった」

 今季限りで現役引退する日本ハム・實松一成ファーム育成コーチ兼捕手は23日、“引退試合”となるイースタン・巨人戦(鎌ケ谷)に「1番・捕手」で先発出場。初回の守備では3者凡退に抑えるリードを見せた。初回の第1打席は二失で代走・郡を送られ、21年間の現役生活に幕を下ろした。チームは2-0で完封勝ちし、イースタン本拠地最終戦を飾った。

 感激の両軍胴上げだった。試合後、ホームベース付近に日本ハムの首脳陣、選手だけでなく、06年から11年間所属した巨人の首脳陣、選手も集結。盟友の巨人・村田修一ファーム打撃コーチらの手で8度宙に待った。

「まさか胴上げしてもらえると思ってなかったですし、ジャイアンツの選手が来てくれるとも思ってなかったですから。本当に嬉しい気持ちと感謝と。『今までありがとう、みんな』という思いしかなく、言葉にも出なかったですね」

 涙が止まらなかった。プレーボールと同時に両目を真っ赤にした。現役最終戦の見せ場は初回2死の守備。山下航の弱いゴロが自身の前へ。マスクを脱いで猛チャージをかけると、一塁へ強肩スロー。捕ゴロとして3者凡退に抑えた。チームメートから自軍ベンチ前で花道を作って出迎えられた。

「涙は出ないと思ったんですけど、守備に就いているときから。プレーボールと同時に涙が出てきちゃって『なんなんだろうな』と思って……。自分でも抑えられない感情というか、初めての経験で。でも、この場を作ってくれたファームの関係者、最後までやってくれた巨人軍の関係者に感謝しています」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 村田修一 コーチ
  2. 村田修一 巨人
  3. 村田修一 年俸
Full-countの記事をもっと見る 2019年9月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「村田修一 + 巨人」のおすすめ記事

「村田修一 + 巨人」のおすすめ記事をもっと見る

「村田修一 + 横浜」のおすすめ記事

「村田修一 + 横浜」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「内海哲也」のニュース

次に読みたい関連記事「内海哲也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら