広島・永川、引退セレモニーで涙も「泣かずにいられた」報道陣の爆笑誘う

広島・永川、引退セレモニーで涙も「泣かずにいられた」報道陣の爆笑誘う
広島・永川勝浩の昨季までの通算成績
現役ラスト登板は中日大島をストレートで一ゴロに打ち取る

■広島 4-3 中日(23日・マツダスタジアム)

 広島の永川勝浩投手が23日、マツダスタジアムでの中日戦で引退試合に臨んだ。15年ぶりに先発のマウンドに上がると、打者1人を打ち取り、17年間の現役生活に幕を閉じた。

 クライマックスシリーズ圏内を争う中日との直接対決での先発登板。打者1人限定ながら両監督が事前に「真剣勝負」で合意して行われた。中日・先頭打者の大島に対して、初球は内角へのボール、2球目も内角でストライクを取った後、3球目でファーストゴロに打ち取った。全て141キロのストレートで、全盛期に代名詞だったフォークは投げなかった。

 一、二塁間寄りの鋭いゴロをファーストの松山が好捕し、ベースカバーに走った永川は送球をがっちりと受け止めて笑顔で塁上を駆け抜けた。現役最後の打者を打ち取り、マウンドを降りた永川は「大瀬良がいい形で入れるように、無事につなぐことができてよかった」と責任を果たした。最後の投球が終わった後、「ひとつのアウトをとってくれた。よく頑張ってくれた」と緒方監督から声をかけられた。

 試合前には長女が始球式を行い、見事なノーバウンド投球を見せた。「あの場面は(涙が出そうで)危なかったが、無事に投げられてよかった」と安堵した様子。降板後はベンチに残り、接戦となった試合を最後まで見守り「ベンチで試合を観るのはもう最後だなと思った。みんなが真剣にやっている中で申し訳なかったが、一喜一憂しながら楽しく観ることができた。すごくいい時間だった」と自身最後となる公式戦を堪能した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クライマックスシリーズ 広島
Full-countの記事をもっと見る 2019年9月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら