トランプ氏がMLBコミッショナーと対談「NYで最も優れた野球選手だった」!?

トランプ氏がMLBコミッショナーと対談「NYで最も優れた野球選手だった」!?
ドナルド・トランプ次期米大統領【写真:Getty Images】
次期大統領の“主張”に地元紙も「間違いなく、彼は素晴らしい選手だった」

 ドナルド・トランプ次期米大統領が、かつては「ニューヨークで最も優れた野球選手だった」と“主張”したと、地元紙「カンザスシティ・スター」が報じている。

 トランプ氏は10日(日本時間11日)にニューヨークでMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏、ヤンキースのランディー・レバイン球団社長と対談し、そこで野球談義に花を咲かせたという。

 同紙は「かつてニューヨークで最も優れた野球選手だったトランプが、MLBコミッショナーと交流」との見出しで、「大統領就任式の日まで10日となった。ドナルド・トランプ時期大統領は閣僚の起用に忙しい。しかし、少しも野球の話が出来ないという訳ではない」と伝えた。

 対談後のマンフレッド氏は「彼は、自身の野球に関する歴史や、どれほど野球に夢中かを語ってくれたよ。就任式前に、こうして話し合う機会が持てて嬉しいよ」と振り返ったという。これを受けて、同紙は「トランプ氏の野球の歴史」として「ニューヨーク・ミリタリー・アカデミーの在籍していた際、彼は野球をしていた。間違いなく、彼は素晴らしい選手だったのだ」と解説している。

 記事の中で紹介しているのが、トランプ氏に関する本を執筆したことのあるジャーナリストのマイケル・ダントニオ氏に対して、次期大統領が明かしたという話だ。トランプ氏は「誰も知らないが、私は常に最も優れたアスリートだった。若い頃、私はニューヨークで最も優れた野球選手だったんだ…。しかし、当時は野球を通じて大金を得ることはできなかったから、限界を感じてしまった…。みんな僕に野球選手になって欲しいと望んでいたよ」と語っていたという。

 現在70歳のトランプ氏。確かに、当時のメジャーリーガーの年俸は現在と比べものにならないくらい低かった。野球選手ではなく不動産王として大金を稼いできたが、野球を続けていたら、メジャーリーガーになれていたのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2017年1月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。