球界NO1遊撃手へ―ソフトバンク今宮が決断した「真逆への転換」

球界NO1遊撃手へ―ソフトバンク今宮が決断した「真逆への転換」
ソフトバンク・今宮健太【写真:編集部】
目標はフルイニング出場「選手生命に関わらなければ、無理することもある」

 球界ナンバーワンのショートとなるために、汗を流している。ソフトバンクの今宮健太、25歳。昨オフの長崎から、今オフは北九州市の大谷球場へと場所を移し、自主トレに励んでいる。

 1月7日。自主トレをスタートさせたこの日は報道陣へのトレーニング公開日にもなった。約600人という数多くのファン、そして集まった報道陣を前に練習に取り組むと「フルイニング出場は絶対に成し遂げたい」と力強く宣言し、プロ8年目となる今季の誓いを打ち立てた。

 フルイニング出場は、今や球界を代表するショートとなった今宮にとって、超えなければならない壁だ。川崎宗則が移籍した12年にショートで起用されるようになり、13年はレギュラーの座をつかんだ。

 この年に143試合、翌14年は144試合、15年は142試合、そして昨季は137試合に出場。14年に全試合出場はしているものの、フルイニング出場は過去7年間で、まだ1度もない。

「結果を残さないと代打を送られる。ショートはずっと出続けないといけないポジション。選手生命に関わるようなものでなければ、無理することもある」。たとえ、小さなケガを抱えようとも、それを押して出続ける。その思いは強い。

 目標を成し遂げるために、この自主トレでは新たな取り組みに乗り出した。昨オフの長崎自主トレでは、自身で初めて個人トレーナーを呼んで筋力アップをテーマに掲げ、積極的に筋力トレーニングに励んだ。その結果、体重は5キロ前後増え、確かに、パワーアップを実感した。シーズンは打率.245。自身初の2桁本塁打をマークし、キャリアハイとなる56打点も挙げた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 今宮健太 年俸
  2. 今宮健太 復帰
  3. 今宮健太 怪我
Full-countの記事をもっと見る 2017年1月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「今宮健太 + 年俸」のおすすめ記事

「今宮健太 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「今宮健太 + 復帰」のおすすめ記事

「今宮健太 + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「田中賢介」のニュース

次に読みたい関連記事「田中賢介」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。