松中信彦氏が四国IL香川のGM兼総監督就任 引退から3年、“平成唯一の3冠王“が指導者に

松中信彦氏が四国IL香川のGM兼総監督就任 引退から3年、“平成唯一の3冠王“が指導者に
香川のGM兼総監督に就任した元ソフトバンク・松中信彦氏【写真:福谷佑介】
2016年に現役を引退した松中氏は2004年に平成で唯一の3冠王に

 元ソフトバンクで“平成唯一の3冠王”松中信彦氏が、四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズでゼネラルマネージャー兼総監督に就任することになった。30日、球団が発表した。

 2016年3月に現役を引退した松中氏は野球解説者を務める一方で、子供向けの野球教室「松中信彦 ベースボールアカデミー」を開いて子供の指導にあたるなど指導者としても活動してきた。平成でただ1人の3冠王に輝いた打撃理論には定評があり、解説でスタジアムを訪れると、ソフトバンクの後輩のみならず、他球団の選手からアドバイスを求められることも多い。

 松中氏は総監督として四国ILの若い選手たちの指導にあたり、指揮を執るだけでなく、その打撃理論などを他の指導者たちにも伝え、指導者の育成にも力を注いでいくという。その一方でGMとしてチームの編成面も司る。独自の眼力で潜在能力の秘める若手を発掘、育成していく。引退から3年が経ち、NPB球団ではないながらも、初めて“プロ球団”で指導者となる。

 1996年のドラフト2位で新日本製鐵君津からソフトバンクの前身であるダイエーに入団した松中氏。3年目の1999年にレギュラーの座を掴み、23本塁打71打点と頭角を表す。2003年に123打点で打点王に輝くと、2004年には打率.358、44本塁打120打点で3冠王に輝いた。この年のOPSは驚異の1.179を記録していた。2005年にも46本塁打121打点で2冠。2000年と2004年はMVPにも輝いている。2015年を最後にソフトバンクを退団。現役続行を目指したが、入団には至らずに2016年3月に現役を引退した。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年9月30日の野球記事
「松中信彦氏が四国IL香川のGM兼総監督就任 引退から3年、“平成唯一の3冠王“が指導者に」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    あれだけの選手だった方 ホークスかほかの球団で打撃コーチとかの口はないんでしょうか

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。