新旧FA戦士や注目新人らはどうなった? 巨人キャンプ振り分けのポイントは

新旧FA戦士や注目新人らはどうなった? 巨人キャンプ振り分けのポイントは
オフにFAで日本ハムから加入した陽岱鋼【写真:田口有史】
1軍35選手、2軍30選手、3軍28選手でスタート

 巨人が2月から始まる春季キャンプのメンバーを発表し、各選手を1、2、3軍に振り分けた。1軍35選手、2軍は30選手、3軍は28選手。その中で1、2軍に振り分けられた移籍組や初1軍スタートとなる若手、2軍、3軍スタートとなる主力選手など、注目点はいくつもあった。

 1軍はコンディションが万全であることが条件。また、首脳陣が現状を見たい選手が集まった印象も受ける。今回の振り分けのポイントを探った。

○新旧FA戦士の悲喜こもごも

 オフに日本ハムから陽岱鋼外野手、ソフトバンクから森福允彦投手、DeNAから山口俊投手がFAで加入。センターのレギュラー候補の陽とセットアッパーとして期待される森福は1軍スタート。ローテ候補の山口俊は昨秋に右肩の違和感を訴えており、大事を取って2軍スタートとなった。股関節痛から復帰を目指す杉内俊哉投手もケガ明けとあって2軍からのスタートとなるが、終盤には1軍昇格が見込めるだけの状態が上がってきている。一方、大竹寛も2軍スタートとなり、這い上がらなくては未来はない。また昨シーズン終盤に左手を骨折した片岡治大内野手はケガ明けを考慮され、3軍スタートとなった。そのほかのFA組としては昨季結果を残した三塁レギュラー筆頭の村田修一内野手が今年も1軍スタート。脇谷亮太内野手は2軍スタートとなった。

○ルーキー全員がファームスタート

 大学ナンバーワン野手として期待されたドラフト1位の吉川尚輝内野手は新人合同トレ中にコンディションを崩し、3軍スタート。ドラフト2位右腕の畠世周投手も痛めている右肘を考慮し、3軍からスタートとなる。2メートル超えの右腕・リャオ投手、3位の谷岡竜平投手、4位の池田駿投手の3投手は2軍スタート。いずれも即戦力の期待が高いため、キャンプ中盤以降に1軍昇格できるかが注目だ。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2017年1月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。