ハム近藤は追い込まれてからも強い パ各選手のストライク数による成績の違い

ハム近藤は追い込まれてからも強い パ各選手のストライク数による成績の違い
(左から)西武・森友哉、オリックス・吉田正尚、日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】
ファーストストライクの打率は全体的に高い、各選手の成績をチェック

「この選手は初球に強い」「この選手は追い込まれてから粘り強い」という表現を耳にしたことのある人は多いだろう。しかし、実際にカウント別の成績を確認した上で、選手個々の特性にアプローチが行われることは、これまで決して多いとはいえなかった。そこで今回は、パ・リーグ内における打者の成績をストライクカウント別に確認し、ノーストライク、1ストライク、2ストライクといったカウント毎に、それぞれの状況に強い打者を調べていきたい。

 まずは、ノーストライクでの打撃成績を見ていこう。ファーストストライクから積極的に手を出していく姿勢はプロの舞台においても変わることなく重要視される。とはいえ、ボール球を見極めてカウントを有利とすることで、ストライクゾーンに甘い球が来る可能性も高くなる。このカウントでの打撃成績は、ボール球に手を出すことなくきっちりと最初のストライクを捉える、まさに「好球必打」の成果を示したものと言える。
 打者にとってノーストライクで不利な状況となることはないため、多くの選手が優れた打撃成績を記録。中でも高いレベルの成績と言える打率.400以上の数値を残した選手たちを、極端に打数の少ない選手を除く形で、各球団ごとに紹介する。

○日本ハム
王柏融外野手:50打数24安打 2本塁打11打点 打率.480
近藤健介外野手:56打数24安打 0本塁打18打点 打率.429
平沼翔太内野手:31打数15安打 1本塁打7打点 打率.484
田中賢介内野手:21打数10安打 1本塁打8打点 打率.476
清水優心捕手:31打数13安打 1本塁打7打点 打率.419


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。