【MLB】大谷所属のエ軍が監督解任、後任候補は前カブス名将? 米記者「復帰の道が開けた」

【MLB】大谷所属のエ軍が監督解任、後任候補は前カブス名将? 米記者「復帰の道が開けた」
前カブス監督のジョー・マドン氏とエンゼルスを解任となったブラッド・オースマス監督【写真:Getty Images】
オースマス監督を電撃解任「こうなった唯一の理由はジョー・マドンを雇うため」?

 大谷翔平投手が所属するエンゼルスは9月30日(日本時間1日)、ブラッド・オースマス監督の解任を発表した。3年契約1年目での電撃解雇となったが、米メディアは前カブス監督のジョー・マドン氏が後任候補に挙がっているとレポート。オースマス監督解任の背景には、マドン氏のカブス監督退任があったと推測している。

 オースマス監督は、2000年から19年間指揮を執ったマイク・ソーシア監督の後を受け、今季からエンゼルスの指揮を執った。しかし、課題だった投手陣を整備できずに72勝90敗と苦戦。90敗以上を喫したのは、1999年以来20年ぶりだった。現役時代にはタイガース、アストロズなどで捕手として活躍し、01、02、06年にはゴールドグラブ賞に選ばれていたオースマス氏。10年に現役を引退してからは14~17年までタイガース監督を務め、昨年エンゼルスのGM特別補佐を務めてから満を持しての監督就任だったが、結果を残せなかった。

 電撃解任の背景には、名将の去就問題が影響したと地元メディアはレポート。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でエンゼルスとドジャースをカバーするマイク・ディジョバンナ記者は「こうなった(オースマス解任)唯一の理由は、ジョー・マドンを雇うためだろうと、私なら思っている」とツイートしている。

 マドン氏は今季限りでカブスとの5年契約が満了。2016年にはチームを108年ぶりの世界一に導いたが、今季は終盤に大失速し、84勝78敗のナ・リーグ中地区3位でプレーオフ進出を逃していた。そして、契約を更新することなく退任することが決定。これがオースマス監督解任の決断に大きく影響したというのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら