ダルビッシュと菊池に明暗分かれる… 米メディアがMLB30球団の各賞選定

ダルビッシュと菊池に明暗分かれる… 米メディアがMLB30球団の各賞選定
カブス・ダルビッシュ有(左)とマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
菊池に厳しい評価「1年目は大きな失敗」

 2019年のレギュラーシーズンが終了し、米スポーツ専門メディア「ザ・スコア」のMLB担当記者が30球団の各賞を選出。カブスのダルビッシュ有投手は「最も向上した選手」に、一方マリナーズ菊池雄星投手は「最も残念だった選手」に選出された。エンゼルス大谷翔平投手、ヤンキース田中将大投手、ドジャース前田健太投手らは選出されていない。

○カブス
MVP:クリス・ブライアント
最優秀投手:カイル・ヘンドリックス
最も向上した選手:ユウ・ダルビッシュ
最も残念だった選手:クレイグ・キンブレル
最優秀新人:ローワン・ウィック

「ザ・スコア」は、「ダルビッシュはシカゴでの難しい1年目の後、うまく対応した」と指摘。「右腕は最後の14登板で防御率2.95、124奪三振とし、2018年に6年1億2600万ドル(約136億円)で契約した時、フロントが期待していた通りの投手に見える」と評価した。

○マリナーズ
MVP:オマー・ナルバエス
最優秀投手:マルコ・ゴンザレス
最も向上した選手:ダン・ボーゲルバック
最も残念だった選手:ユウセイ・キクチ
最優秀新人:オースティン・ノラ

「ザ・スコア」は「マリナーズのキクチとの4年5000万ドル(約54億円)の契約は、1年目は大きな失敗に終わった」と断じた。「28歳は161回2/3で防御率5.46、WHIP 1.51、36被本塁打であり、来季のロースターで2番目に高額な年俸となるキクチからは、球団はもっと多くのことを求めている」と、厳しい評価だった。

 後半戦の圧倒的な投球で高い評価を得たダルビッシュ。一方、日本から移籍1年目の菊池は最後まで苦しんだ。2人の明暗が大きく分かれた1年となった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月3日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。