ドジャース前田健太 降板後に5失点、ファンから怒りの声続々「なぜ下げた」

記事まとめ

  • 前田健太が快投を見せるも4回で降板、その後ドジャースは5失点を喫して完敗。
  • ファンからSNS上に「なぜケンタを下げた!」「呆れてしまう」と怒りの声が続々。
  • 対戦相手のナショナルズファンは「引っ込めてくれてサンキュー」と皮肉交りに感謝。

【MLB 地区S】ド軍敗戦、前田健太が降板後に5失点 米ファンは続々“怒り”「なぜケンタを下げた?」

【MLB 地区S】ド軍敗戦、前田健太が降板後に5失点 米ファンは続々“怒り”「なぜケンタを下げた?」
2番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
前田は満塁ピンチで見事に火消しも…後を継いだ投手が5失点「続投させるべきだった」

■ナショナルズ 6-1 ドジャース(地区シリーズ・日本時間8日・ワシントン)

 ドジャースの前田健太投手は7日(日本時間8日)、敵地で行われている地区シリーズ第4戦のナショナルズ戦で、同点の3回2死満塁の大ピンチで登板。無失点で切り抜けた。続く4回も無失点に抑え、1回1/3を1安打無失点2奪三振と快投。連投となった前田は5回の攻撃で代打を出されて降板となったが、ドジャースはその後に悪夢の5失点を喫し、1-6で完敗した。2勝2敗のタイとなり、決着は第5戦に持ち越される形に。この継投策に地元ファンからはSNS上で「なぜケンタを下げたのか!」と怒りの声が続々と上がっている。

 絶体絶命のピンチで日本人右腕が輝いた。1-1の同点に追いつかれた3回2死満塁の大ピンチ。デーブ・ロバーツ監督は先発ヒルを諦め、前田を2番手で投入した。

 前田はケンドリックに対し、3球連続スライダーで三ゴロに仕留めた。ガッツポーズを繰り出し、雄叫びをあげた男は4回も続投。ジマーマン、スズキを空振り三振に仕留めると、テイラーに内野安打を許したが、シャーザーを中飛に仕留め、無失点に抑えた。

 連投だった前田は5回の打席で代打ポロックが告げられ、お役御免に。だが、5回はウリアスとバエズで計4失点。6回にはストリップリングも1失点とブルペンは炎上した。

 これに怒ったのはドジャースファンだった。ツイッター上で不満の声を続々と上げている。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月8日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。