【MLB】前田健太の基本給は8年27億円 出来高厚い契約は「低い」か「適性」か米記者“討論”

【MLB】前田健太の基本給は8年27億円 出来高厚い契約は「低い」か「適性」か米記者“討論”
地区シリーズ第4戦に2番手で登板したドジャース・前田健太【写真:AP】
2016年からの8年契約、基本給は約3億円も出来高厚く今季は約9億円

 ドジャース前田健太投手の契約内容をめぐり、米国のスポーツジャーナリストがツイッターを通じて“討論”となり、話題になっている。

 ポスティングシステムを利用して2015年オフに広島からドジャースに移籍した前田は、100万ドル(約1億700万円)の契約ボーナスを含む8年総額2500万ドル(約26億8000万円)の契約を結んだ。内容は基本年俸が抑えられ、その分出来高が厚いという異例の契約で、基本年俸は300万ドル(約3億2000万円)。これに開幕ロースター入りや先発登板数、登板イニング数に応じてインセンティブが設定されている。今季37試合登板(26先発登板)で153回2/3を投げて10勝8敗3セーブだった右腕は、メジャー4年目で2番目に多い報酬となる840万ドル(約9億円)を得ることになる。

 この契約に首を捻ったのはフリースポーツライターのネイサン・バーンハート氏だ。自身のツイッターで「ケンタ・マエダはリーグ平均クラスの130~150投球回を投げている。不要な存在であるとドジャースが判断するまで、基本給312.5万ドル(約3億3500万円)で投球することになる(契約の残りはまだあと4年も残っている!)。これは依然として(選手の立場からすると)球界で最もひどい契約」と指摘。さらに「ドジャースのようなチームは好投手を基本的に“タダ”(格安の意)で獲得している」と綴った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月8日の野球記事
「【MLB】前田健太の基本給は8年27億円 出来高厚い契約は「低い」か「適性」か米記者“討論”」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    そもそも前田健太に、27憶円も価値ありますかね?それに見合うだけの活躍できれば良いですが、おそらく無理かも知れません。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。