【大学野球】最速154キロ右腕が大学4年で初勝利から5勝 段階を踏んだ「体作り」の4年間

【大学野球】最速154キロ右腕が大学4年で初勝利から5勝 段階を踏んだ「体作り」の4年間
横浜高から日体大に進み最速154キロのボールを投げる北山比呂【写真:編集部】
日体大・北山比呂投手 横浜高では1学年上に浅間、高浜 1学年下に藤平

 今秋のドラフト候補で日体大のWエースの1人、北山比呂投手(4年)が10月17日のドラフト会議で運命の日を待つ。高校は名門・横浜高校出身で1学年上に浅間大基、高浜祐仁(ともに日本ハム)、1学年下に藤平尚真(楽天)がいた学年。高校時代は140キロ前後だった球速は4年間で何と最速154キロまでアップした。もう1人のドラフト候補の150キロ右腕・吉田大喜投手(大冠高)と投げ込む日体大グラウンドのブルペンは圧巻だった。時間があれば「体を動かしたい」という練習好きの素顔に迫った。

 北山は高校時代にしてこなかったウエートトレーニングを大学入学後に積極的に取り入れた。「元々は上半身の力だけに頼ったフォームでした。まだまだ、通用しないと思ったので、下半身を主とした練習をしていたら、だんだんと体の大きさが変わってきました」。同校OBで元中日投手の辻孟彦コーチから、体幹トレーニングや筋力をきちんと投球フォームに伝える方法を教わった。大学の授業でも体や筋肉の分析もしたり、栄養学も学んだりした。

「ウエートトレーニングをした後に、たんぱく質を摂るのに適している“ゴールデンタイム”という時間があるんです」「30分以内に(プロテインやたんぱく質など)摂取してあげた方がいいんです」と筋力アップについて語る口調が熱を帯びてくる。大学入学時のバーベルスクワットは80キロ×10セットをするのが精いっぱいだったが「今は200キロは上がります」と平然と言う。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
Full-countの記事をもっと見る 2019年10月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。