ロッテは佐々木に「いいチーム」、阪神は「夢ある指名」 元プロ捕手が見たドラフト

ロッテは佐々木に「いいチーム」、阪神は「夢ある指名」 元プロ捕手が見たドラフト
ロッテ1位指名の大船渡・佐々木朗希(左)と阪神1位指名の創志学園・西純矢【写真:編集部】
阪神は5位まで高校生を指名「みんな近い将来を担ってくれるであろう選手たち」

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催され、セパ12球団から支配下で74選手、育成で33人の計107人が指名を受けた。注目の大船渡・佐々木朗希投手は4球団競合の末にロッテ、星稜・奥川恭伸投手は3球団競合の末にヤクルトが交渉権を獲得。大学NO1投手の明大・森下暢仁投手は広島が一本釣りに成功した。また、侍ジャパンU-19代表で4番を務めた東邦・石川昂弥内野手にも人気が集まり、3球団競合の末に中日が交渉権を獲得した。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「各球団の特徴が出たドラフトだった」と分析。まずは、1位の西純矢投手(創志学園)、2位の井上広大外野手(履正社)ら、5位まで甲子園を沸かせた高校生を指名した阪神について「夢のある指名だった」と印象を明かした。

「みんな近い将来を担ってくれるであろう選手たちですね。井上は、阪神が求めていた右のロングが打てる外野手。西は打撃もいい投手なので、セ・リーグに行ってくれて楽しみもありますね。投げて打って、という姿を見たい。5位の藤田もいいキャッチャーになれる素材です。阪神の捕手は、正捕手の梅野に加えて坂本、長坂がいて、岡崎もいる。育成上がりの片山も打撃がいい。藤田が順調に育てば、片山についてもいろんな選択肢が出てくるかもしれません。絶対数が少ないので、しばらくはそういう形にはならないでしょうが」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月18日の野球記事
「ロッテは佐々木に「いいチーム」、阪神は「夢ある指名」 元プロ捕手が見たドラフト」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    もともと貧乏家庭が多く問題児も多い。それが日本の高校野球。馬鹿か犯罪者のどちらかが基本。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら