高3でTJ手術も「筋肉は裏切らない」 楽天3位の慶大津留崎はダル流トレで進化

高3でTJ手術も「筋肉は裏切らない」 楽天3位の慶大津留崎はダル流トレで進化
楽天から3位指名を受けた慶応大・津留崎大成【写真:小西亮】
高校3年時に右肘手術、「もう投手はできないかもしれない」と覚悟した日も

 学ランの上からでもよく分かる屈強な体をした右腕が、瞳を真っ赤に染める。苦しんだ日々を思うと、こらえきれなかった。17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、楽天から3位指名された慶大・津留崎大成投手。慶応高校3年の秋に右肘の靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を決断し、復帰登板まで1年半を要した。投げられない不安を打ち消すように取り組んできたウエートトレーニングが球速9キロアップを生み、プロへの道を開いた。

 腕が曲がらない。思うように動かない。「もう投手はできないかもしれない」。覚悟した時期もあった。同期の郡司裕也(中日4位)や柳町逹(ソフトバンク5位)が1年生から東京六大学リーグ戦で活躍する姿を見ていると、ろくに球を投げられない自らが余計に不甲斐なかった。プロなんて頭の片隅にも想像できず、ただ「チームの戦力になりたい」と思うばかりだった。

 そんな時、2015年にトミー・ジョン手術を受けたダルビッシュ有(現カブス)の記事をふと見かけた。復帰を助けるトレーニングの重要性に気付かされ「基礎筋力をつけないとうまくはいかない」と一念発起。リハビリの一環でいざ取り組み始めると、すぐに没頭するようになった。「ウエートをやっていると、自分の体が格好良くなっていくんです(笑)」。今ではスクワットで180キロ、ベンチプレスで110キロを上げるまでになった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
Full-countの記事をもっと見る 2019年10月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら