3年連続日本一へ好発進のソフトバンク 1勝以上に価値あるバッテリーの”攻め“

3年連続日本一へ好発進のソフトバンク 1勝以上に価値あるバッテリーの”攻め“
ソフトバンク・千賀滉大(左)、甲斐拓也【写真:荒川祐史】
巨人打線の核となる坂本勇、丸に対して徹底して内角を攻めた千賀と甲斐

■ソフトバンク 7-2 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 19日にヤフオクドームで行われた日本シリーズ第1戦。大事な初戦に勝利したのは、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきたソフトバンクだった。先発の千賀滉大が7回まで巨人打線を3安打1失点に封じると、打線は10安打で7得点。投打で巨人を圧倒し、第1戦はソフトバンクの貫禄勝ちだった。

 この1勝は、ただの1勝ではない。今後のシリーズの行方を左右する大きく左右する1勝になるかもしれない。千賀の投球から、そして、右腕をリードする甲斐の配球からそう感じざるを得なかった。

 試合後、千賀は「後から投げる投手のことは意識していた。もうちょっと余裕があれば、もっといろいろと出来たこともある」と語り、受けた甲斐も「7試合しかないけど、7試合もあるとも言える。先のことも考えてやった。探るよりも攻めていこう、と千賀とも話していました」と振り返った。

 短期決戦の“鉄則”とも言えるのが、相手打線でキーポイントとなる打者を、シリーズ序盤で崩すことにある。現役時代の工藤公康監督が、中日の関川浩一(現ソフトバンク打撃コーチ)を徹底的に封じたことは有名な話。昨季、ソフトバンクは日本シリーズで丸佳浩を封じ込め、先日のファイナルステージで甲斐は森友哉を自由にさせなかったことは記憶に新しい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クライマックスシリーズ 広島
Full-countの記事をもっと見る 2019年10月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら