【日本S】巨人3連敗… 追い詰められた「継投策」と「焦りばかりが出た」走塁ミス

【日本S】巨人3連敗… 追い詰められた「継投策」と「焦りばかりが出た」走塁ミス
巨人・原監督【写真:Getty Images】
4回に投入したルーキー戸郷が4失点、継投策は「後手になっている」

■ソフトバンク 6-2 巨人(日本シリーズ・22日・東京ドーム)

 日本シリーズ第3戦が22日に行われ、ソフトバンクが6-2で巨人に快勝した。これで初戦から3連勝。ここまでは巨人を圧倒している。この試合では、4回に3番手でルーキーの19歳・戸郷を投入するも、自らの失策も絡んで4失点。さらに、4点を追う9回には代走の増田が相手の暴投で一塁から一気に三塁を狙ったが、アウトとなってチャンスが潰れた。

 いいところがない巨人。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、継投策、若手のミスに巨人が追い詰められている状況が現れていたと分析する。

 3回途中、先発のドラ1高橋が逆転を許すと、原監督は鍵谷を投入。2死一、二塁でグラシアルを空振り三振に仕留め、1点差のままでこのイニングを終えた。直後の攻撃で鍵谷に代打・石川を送ると、続く亀井が2打席連発の同点ソロ。そして、追いついた直後のイニングで戸郷をマウンドに送った。

 しかし、ヒットと四球に自らのバント処理の悪送球もあり1死満塁に。ここから長谷川勇の犠飛、今宮の内野安打、柳田の押し出し四球、デスパイネの左前適時打と続き4失点。ルーキー右腕にとっては、厳しい場面だったのかもしれない。

 野口氏は「ルーキーなので、日本シリーズで初めて投げさせるのであれば、4、5点差がついた最終回とかなら良かったかもしれません。ただ、すべてはあのバント処理。あれは高卒ルーキーでも20年目のベテランでもやらないといけないプレーでした。そこがしっかりできなかったのか、ミスしてしまったのか……。どちらかはわかりませんが、あの大事な場面でああいう失策が出てしまったのは、やはり経験不足でしょう。つまり、あそこで高卒ルーキーの投手を投げさせなくてはならなかった巨人のブルペン事情ですよね」と話した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月23日の野球記事
「【日本S】巨人3連敗… 追い詰められた「継投策」と「焦りばかりが出た」走塁ミス」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    巨人は中継ぎ以降が弱いので、先発を早い回に代える展開になれば苦しくなる。昨日のゲームで言えばもう少し先発を引っ張っても良かったと思う。

    0
  • 匿名さん 通報

    阿部の引退撤回させろよ。まだまだ奴の力いるぜこりゃ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら