【MLB】選手からアナへ華麗なる転身 イチロー氏の試合も実況したフェアリー氏が死去

【MLB】選手からアナへ華麗なる転身 イチロー氏の試合も実況したフェアリー氏が死去
ドジャースなどで活躍したロン・フェアリー氏【写真:Getty Images】
選手として通算1913安打&215本塁打、1993年にマ軍専属アナウンサーに

 ドジャースやエクスポズ(現ナショナルズ)などで活躍し、引退後はマリナーズのアナウンサーとして親しまれたロン・フェアリー氏が10月30日に死去した。81歳だった。

 フェアリー氏は1938年7月12日、ジョージア州生まれ。南カリフォルニア大で名将デドー監督の教えを受け、1958年にドジャースに入団した(以下敬称略)。

 すでに有名選手だったフェアリーは入団1年目の1958年9月にメジャー昇格。1960年代は主に5、6番を打ち、外野と一塁を守った。シュアな打撃と堅実な守備でチームに貢献。外野は左翼、中堅、右翼、どこでも高いパフォーマンスを見せた。

 ドジャース時代のチームメートには、のちに阪急ブレーブスで活躍したダリル・スペンサーや広島でプレーしたゾイヨ・ベルサイエスらがいた。

 1969年6月にモーリー・ウィルスらとともにトレードでエクスポズ移籍。1973年にはメジャー昇格16年目で初めてオールスターに出場した。エクスポズのチームメートには、のち中日、クラウンでプレーしたウィリー・デービスがいた。

 1974年オフにトレードでカージナルスに移籍。1976年にはアスレチックスへ、1977年にはブルージェイズに移籍した。すでに39歳になっていたフェアリーはこの年、2度目のオールスターゲームに選ばれた(試合には出場せず)。1978年にエンゼルスに移籍するも、この年限りで引退した。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年10月31日の野球記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。