侍ジャパンに立ちふさがる“難敵” 球場の土、芝、強風に高身長の外国人投手

侍ジャパンに立ちふさがる“難敵” 球場の土、芝、強風に高身長の外国人投手
侍ジャパンに合流した巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】
バッティングピッチャーは傾斜板から投球

 野球日本代表侍ジャパン」は3日、「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)が行われる台湾・桃園国際球場で練習を行った。日本はグループBでオープニングラウンド3試合を戦う。練習では普段と異なる環境、相手に対して対処するため、さまざまな工夫が見られた。

 まず相手の違いだ。ベネズエラ、プエルトリコといった侍ジャパンが対峙するチームの高身長のピッチャーから繰り出される、角度のついた投球は難敵。沖縄で行われたカナダ戦でも鈴木誠也外野手が「ボール(の違い)というより、角度が」と苦しめられた。この日はフリー打撃に傾斜板を使用、バッティングピッチャーは10センチほど高い位置から投げ下ろす形で投球を行った。

 球場には課題が山積みだ。日本は初戦のベネズエラ戦、2試合目のプエルトリコ戦を桃園で行うが、この日は投手たちが代わる代わるマウンドの高さを確かめた。建山義紀投手コーチは「ブルペンはマウンドが高いんですけど、傾斜がない。で、グラウンドは傾斜がなくて、マウンド自体も高くない。多少、投手のアジャストは求められる」と話す。

 練習を行うブルペンと本番で投げるマウンドの違いは日本ではあまりないこと。「(日本では)地方球場くらいですね。あれくらい、低そうに見えるのは。ただ、幸い、宮崎がああいう感じだったので。宮崎で投げた投手はあまり違和感なくというところはあると思う」という。1次合宿を行った宮崎では日本シリーズを戦った巨人、ソフトバンクの選手が不在だったが、先発候補の山口俊高橋礼らはどうアジャストしていくのか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 侍ジャパン メンバー
Full-countの記事をもっと見る 2019年11月4日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。