【MLB】前田健太独占インタ、悔しい中継ぎ配置転換も手応え「選手としての質上がっている」

【MLB】前田健太独占インタ、悔しい中継ぎ配置転換も手応え「選手としての質上がっている」
インタビューに応じMLB4年目のシーズンを振り返ったドジャース・前田健太
今季は先発26登板で10勝をマーク 入団から4年連続でPO進出

 ドジャース前田健太投手がメジャー4年目のシーズンを振り返った。Full-Countライター、元ニッポン放送アナウンサーの新保友映のインタビューに応じ、チーム方針で最終的に中継ぎに回った悔しさを吐露。来季、年間通して先発するためにすでに自己分析し、悲願のワールドシリーズ制覇を誓った。

 前田は6日に日本に一時帰国し、その足で、シーズンオフに毎年トレーニングを行う東京・四ツ谷のIWA ACADEMYで取材に応じた。今季は地区シリーズで敗退し、ワールドシリーズ進出の夢は叶わなかった。シーズンは先発で26登板し、10勝8敗3セーブ、防御率は4.04。シーズンを自己採点してもらった。

「振り返ると50~60点です」
 
 ドジャースに入団した2016年から4年連続でプレーオフに進出したが、今年も最後に中継ぎに配置転換となった悔しさから、厳しめの自己採点となった。

 ポストシーズンでは救援4試合で4回2/3を無失点。メジャーリーグが選ぶ地区シリーズのベストナインに救援投手部門で選ばれる活躍を見せた。本来の職である先発だけではなく、中継ぎとしても成績を残していることに、適応できる能力のすごさを感じるが、本人は「適応はしていないです」と話す。

 先発に対してのこだわりは、やはり捨てられない。「打たれたくない、絶対に抑えてやる」という配置転換の悔しさが力となって、気持ちを奮い立たせてくれる。それが好結果につながっているのだという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月8日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。