ファンが選ぶ“GG賞”は西武金子侑に圧倒的支持 “本家”との違いは?

ファンが選ぶ“GG賞”は西武金子侑に圧倒的支持 “本家”との違いは?
西武・金子侑司【写真:荒川祐史】
「パーソル パ・リーグTV」がファンからの投票で選ぶベストグラブ賞を選定

「パーソル パ・リーグTV」では、11月1日から「パーソル パ・リーグTV ベストグラブ賞」と題して、各ポジションにおける最高の守備職人を選出する投票企画を開始している。投票の権利を持つのは、野球ファン全員。まさに「ファンが選ぶ最高の守備の名手を選ぼう」という企画だ。

「パーソル パ・リーグTV」の会員でない方は、ノミネートされた全ポジション・全選手の中から1人の選手に対して投票する、という形式となるが、パ・リーグ見放題パック11月会員の方であれば、ポジション別に1選手ずつ、計9選手への投票が可能となっている。

 今回の記事では、11月8日午前9時時点における得票数の途中経過を紹介。全国のファンがどのような票を投じているのかを、この機会にあらためて確認していこう。

非会員票の1/4以上の支持を集めてトップに立ったのは…?

 まずは、会員ではない方々が投じた票の内訳について見ていきたい。投票対象となった全選手の中で、得票数が多かった選手のトップ5は以下の通りとなっている。

1位:金子侑司内野手(西武) 716票
2位:辰己涼介外野手(楽天) 341票
3位:今宮健太内野手(ソフトバンク) 203票
4位:源田壮亮内野手(西武) 177票
5位:荻野貴司外野手(ロッテ) 111票

 2度の盗塁王に輝いた類まれな俊足と、時にはメットライフドームのブルペンに飛び込みそうな打球をフェンスを登ってもぎ取るガッツを武器に、外野手として幾度となく好プレーを披露した金子侑が全体の4分の1以上の票を集めてトップに。同じくスピードを活かした広い守備範囲が持ち味のルーキー・辰己が2位に入っており、両選手が持つ守備レンジの広さや球際の強さが、野球ファンからも高く評価されていることがわかる。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。