野球に身長は関係ない? パ・リーグで奮闘する170センチ以下の“小さな巨人”たち

野球に身長は関係ない? パ・リーグで奮闘する170センチ以下の“小さな巨人”たち
西武・森友哉(左)、ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】
西武の森は170センチながら捕手として史上4人目の首位打者を獲得

 プロ野球選手に限らず、プロスポーツの選手は概ね「体格に恵まれている」というイメージを持つ人は多いだろう。実際、プロ野球選手の平均身長は平均しておよそ180センチと言われ、これは同世代の日本人男性の平均身長約171センチを優に上回っている。ソフトバンクの投打の柱、千賀滉大投手、柳田悠岐外野手がそれぞれ186センチ、187センチであることからも、「体格に恵まれている」ことはプロ野球選手として成功する要素の1つと言えそうだ。

 しかし、体格がものを言うプロ野球界においても、それを跳ねのけて決して大きいとは言えない体で結果を残してきた選手たちがいる。そこで今回は、現在パ・リーグに所属している「170センチ以下」の選手達に焦点を当て、チームごとに彼らの活躍ぶりを紹介していく。

※選手名横の()内は身長、成績は2019年のもの

○西武

野田昇吾投手(167センチ)
23試合2勝0敗2ホールド 19.2回 10奪三振、防御率3.66

 社会人野球・西濃運輸から西武に入団すると、即戦力として1年目から22試合に登板。翌年以降も徐々に登板機会を増やし、昨季は58試合で19ホールドを挙げて優勝に貢献した。今季はファームでの調整が長くなったが、8月に1軍復帰すると、優勝争いの渦中にあるチームで貴重な左腕として役目を果たした。

森友哉捕手(170センチ)
135試合 162安打 23本塁打 105打点 打率.329 OPS.959


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 柳田悠岐 Instagram
  2. 柳田悠岐 トリプルスリー
  3. 柳田悠岐 侍ジャパン
Full-countの記事をもっと見る 2019年11月10日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「柳田悠岐 + 侍ジャパン」のおすすめ記事

「柳田悠岐 + 侍ジャパン」のおすすめ記事をもっと見る

「柳田悠岐 + 年俸」のおすすめ記事

「柳田悠岐 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「糸井嘉男」のニュース

次に読みたい関連記事「糸井嘉男」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。