アメリカ 14残塁の拙攻で韓国に敗れる

記事まとめ

  • 韓国とアメリカが東京ドームで対戦し、アメリカは1-5で敗れた。
  • アメリカはチャンスを作ったが、ことごとくつぶして14残塁。
  • スコット・ブローシャス監督は「残念」と無念の表情を浮かべた。

【プレミア12】14残塁の拙攻で韓国に敗れた米国 「チャンスで打てなかった…」指揮官もため息

【プレミア12】14残塁の拙攻で韓国に敗れた米国 「チャンスで打てなかった…」指揮官もため息
スーパーラウンド初戦で韓国に敗れたアメリカ代表【写真:Getty Images】
得点はソロ本塁打のみ、適時打出ずに韓国に1-5で敗れる

■韓国 5-1 アメリカ(プレミア12・11日・東京ドーム)

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は11日、韓国とアメリカが東京ドームで対戦し、アメリカは1-5で敗れた。アメリカは初回から1死一、三塁のチャンスを作ったがこれを逸すると、その後もことごとくチャンスをつぶして14残塁。スコット・ブローシャス監督は「結果については非常に残念に思う。スーパーラウンドの初戦なので勝ちたかった」と無念の表情を浮かべた。

 韓国のエース左腕ヤン・ヒョンジョン投手は初回から安定しなかった。1死かラボームが左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、さらに四球、左前打で満塁までチャンスを広げた。しかしその後は抑えられ、絶好機を逃した。2回には2死二、三塁、4回は2死三塁、5回も2死一、三塁とチャンスをつくりながら決められなかった。

 6回には先頭ロッカーが左中間へソロ本塁打を放ったものの、再び6回2死二、三塁のチャンスも逃し、8、9回も同様だった。「14残塁があったかと思うが、チャンスで打てなかった。韓国はチャンスで打てていて、初回にホームランを打ったし後半にも打てていた」とブローシャス監督もため息だ。

 2番手で登板したアンドリューズも「チャンスでタイムリーを打てなかったというところです。これでチームは窮地に立たされていますが、明日の日本戦に向けて頑張りたい」と苦い表情だ。アメリカはオープニングラウンドで同組メキシコに敗れた1敗を持ち越しており、これで0勝2敗。12日の日本戦(東京ドーム)は落とすことができない戦いとなった。(臼井杏奈 / Anna Usui)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嶋基宏」のニュース

次に読みたい関連記事「嶋基宏」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「甲斐拓也」のニュース

次に読みたい関連記事「甲斐拓也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。