イチロー&プホルスが新人王に輝いた2001年をMLB公式が回顧 「未来のレジェンド」

イチロー&プホルスが新人王に輝いた2001年をMLB公式が回顧 「未来のレジェンド」
2001年に新人王に輝いたエンゼルス・プホルス(左)とマリナーズ・イチロー氏【写真:Getty Images】
イチロー氏、プホルスともに3000本安打を達成したレジェンドに

 2001年11月12日(日本時間13日)、マリナーズのイチロー外野手がア・リーグ新人王、カージナルスのアルバート・プホルス内野手がナ・リーグ新人王に輝いた。あれから18年、MLB公式ツイッターは「2001年のこの日、2人の未来のレジェンドが新人王を取った」と振り返った。

 イチローは日本人野手初のメジャーリーガーとしてマリナーズに加入。1年目から242安打を放ち、新人王のほかに、MVP、首位打者、盗塁王、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞と複数のタイトルを獲得した。その後は2004年にはシーズン最多安打記録を更新する262安打を放つなど、メジャーで19年活躍。メジャー通算3089安打、日米通算4367安打の大記録を残して、今年3月の日本開幕シリーズを最後に現役を引退した。

 プホルスは21歳で開幕戦のスタメンに抜擢されメジャーデビュー。打率.329、37本塁打、130打点の圧倒的な成績で新人王を満票で受賞した。その後は、MVP3度、世界一2度の輝かしい実績。39歳を迎えた今季も23本塁打、120安打を放ち、通算656本塁打、3202安打まで伸ばしている。

 MLB公式ツイッターの投稿には18年前を懐かしみ、2人のレジェンドを称賛するファンのコメントが多く寄せられた。

「彼らはサインを盗まずやったんだね。素晴らしい」

「このシーズンは面白かった」

「プホルスが走っているなんてクレイジーだ」

「ジャパニーズヒーロー」

「イチゴート!(イチローとゴート(史上最高)をあわせた造語)」

「この2人が私の一番好きな野球選手」

 マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏と現役を続けるプホルス。2001年からのメジャーを背負ってきた活躍の数々は、まだまだ色褪せない。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イチロー + 引退」のおすすめ記事

「イチロー + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。