【プレミア12】日韓戦力比較・野手編 鈴木が軸の侍J、総合力の韓国

【プレミア12】日韓戦力比較・野手編 鈴木が軸の侍J、総合力の韓国
侍ジャパン日本代表の広島・鈴木誠也(左)、韓国代表のイ・ジョンフ【写真:Getty Images】
鈴木は打率.478、3本塁打、12打点の大活躍

○チーム成績

日本 227打61安3本38点9盗38四 率.269 出塁率.375
韓国 225打57安2本34点7盗32四 率.253 出塁率.362

 16日の日韓戦で両チームとも2桁安打だったので打率が上昇している。ともに出塁率が高く、効率的に加点していることがわかる。

○日本選手の成績 安打数順

外・鈴木誠也 23打11安3本12点2盗5四 率.478

内・浅村栄斗 21打7安0本5点0盗4四 率.333

内・菊池涼介 21打7安0本4点0盗1四 率.333

内・坂本勇人 23打7安0本1点1盗0四 率.304

外・丸佳浩 24打6安0本3点0盗5四 率.250

捕・會澤翼 13打4安0本1点0盗3四 率.308

外・近藤健介 17打4安0本3点0盗9四 率.235

外・吉田正尚 20打4安0本1点0盗1四 率.200

内・松田宣浩 24打3安0本1点0盗1四 率.125

内・山田哲人 17打3安0本3点0盗5四 率.176

内・源田壮亮 6打2安0本4点0盗0四 率.333

内・外崎修汰 8打2安0本0点2盗3四 率.250

捕・甲斐拓也 7打1安0本0点0盗0四 率.143

捕・小林誠司 3打0安0本0点0盗1四 率.000

外・周東佑京 0打0安0本0点4盗0四 率.000

 鈴木誠也が不動の4番。近藤健介が9四球を選ぶなど、周囲の打者が出塁率が高いことが鈴木の打点につながっている。また周東が4盗塁失敗なしと切り札的存在になっている。接戦になれば威力を発揮するだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嶋基宏」のニュース

次に読みたい関連記事「嶋基宏」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「甲斐拓也」のニュース

次に読みたい関連記事「甲斐拓也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。