【プレミア12】侍J山崎が4年前の悔しさ晴らした9回のマウンド 「背中を見ていた」

【プレミア12】侍J山崎が4年前の悔しさ晴らした9回のマウンド 「背中を見ていた」
侍ジャパンのDeNA・山崎康晃【写真:荒川祐史】
第1回プレミア12では代表に選出されるも準決勝の韓国戦は登板なく敗退

■日本 5-3 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に臨み、5-3で逆転勝ち。宿敵を下し、2009年の第2回WBC以来、10年ぶりの世界一に輝いた。侍ジャパンの守護神、山崎康晃投手(DeNA)は9回を3者で締めると、喜びの雄たけびを上げた。

 全7球、すべて代名詞のツーシームだった。先頭のパク・ビョンホを三ゴロとすると、続くキム・ヒョンスも二ゴロに。最後はヤン・ウィジに2ストライク1ボールから低めの球を振らせて空振り三振に斬った。

 山崎はこの登板を「9回のマウンドに立ててよかったです」と喜ぶ。4年前、第1回の「WBSC プレミア12」の決戦ではマウンドに呼ばれることはなかった。準決勝に進んだ日本は韓国と対戦し大谷翔平投手(エンゼルス)が先発したが、3点リードの9回に2番手の則本昂大投手(楽天)が初失点、そのまま継投もむなしく逆転を許し、3位決定戦に進んだ。

 ルーキーだった山崎はその年37セーブを挙げて代表に招集されていたが、韓国戦では登板がなかった。その当時のことを山崎は「本当に悔しくて。その時はどんどんブルペンを出ていく選手の背中を見ていた」と振り返る。その悔しさを世界一という形で晴らした山崎は、優勝が決まるとバッテリーを組んだ曾澤に飛びつき、抱き合った。「あれから4年が経って、こうして代表に入って。成長させていただいたと思う」。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 侍ジャパン メンバー
Full-countの記事をもっと見る 2019年11月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。