ファンが選ぶ「パ ベストグラブ賞」発表 西武の快足外野手が最多得票獲得

ファンが選ぶ「パ ベストグラブ賞」発表 西武の快足外野手が最多得票獲得
ファンが選ぶ「パ ベストグラブ賞」【画像:パーソル パ・リーグTV】
投手は山本由伸が受賞、二塁手は外崎、三塁手は中村が獲得

「パーソル パ・リーグTV」では11月1日から13日にかけて「パーソル パ・リーグTV ベストグラブ賞」と題し、各ポジションにおける最高の守備職人を選出する投票企画を行った。投票の権利を持つのは野球ファン全員。まさに「ファンが選ぶ、最高の守備の名手を選ぼう」という企画だ。

 今回の記事では、その集計結果を発表していきたい。各守備位置における、得票数のトップ3は以下の通りだ。

◆投手
1位:山本由伸(オリックス)258票
2位:千賀滉大(ソフトバンク)214票
3位:有原航平(日本ハム)111票

 中間発表でも投手部門のトップに立っていた山本がそのまま逃げ切って栄冠を手にした。最優秀防御率を獲得したその投球内容のみならず、優れたフィールディングの技術もファンの間で高く評価されていることがうかがえる結果だ。

◆捕手
1位:甲斐拓也(ソフトバンク)388票
2位:森友哉西武)230票
3位:若月健矢(オリックス)153票

「甲斐キャノン」の異名を取る強肩を武器とする甲斐が多くの支持を集めて選出された。盗塁阻止とインサイドワークの双方で3年連続日本一に大きく貢献した鷹の正捕手は今や球界を代表する捕手の一人となったと言えるのではないだろうか。

◆一塁手
1位:内川聖一(ソフトバンク)292票
2位:鈴木大地(ロッテ)157票
3位:山川穂高(西武)149票

 一塁手として守備率1.000、すなわち年間を通じて1度もエラーをしないというパ・リーグ史上初の快挙を達成した内川が受賞した。37歳にしてその守備は新境地へと到達しており、鋭い反応で健在ぶりを示している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。