甲子園春夏連覇左腕の元鷹・島袋 第2の人生は会社員に「将来は母校の指導者」

甲子園春夏連覇左腕の元鷹・島袋 第2の人生は会社員に「将来は母校の指導者」
ソフトバンクから戦力外となり現役引退した島袋洋奨【写真:荒川祐史】
27歳で現役引退を決断「野球ではもう無理だなと、自分で思ったんです」

 今季限りで戦力外となり、現役引退を決断した元ソフトバンクの島袋洋奨投手が、新たに会社員としてセカンドキャリアのスタートを切ることになった。11月15日付けでサポートギアを作るメーカー企業に就職することが内定。生活の拠点を東京に移し、12月1日から正式に勤務をスタートさせることになった。

 島袋氏が入社するのは、着用する選手が急増しているアームサポーターなどを作る「CERAMIC POWER GEAR」を運営する「株式会社アスリートビジョン」という新興企業。現役時代にここの商品を使用していた縁から、今回の入社に至った。

 興南高で甲子園春夏連覇を果たし、中央大を経て、ソフトバンクに入団。5年間在籍したホークスからもセカンドキャリアの話を貰いながらも、あえてホークスから飛び出し、会社員として再スタートを切ることを決断した。その胸の内にはどんな思いがあったのか。Full-Countの独占インタビューに応じ、思いを明かした。

――ホークスを戦力外となってから、どう過ごされていましたか?
「野球から離れて1か月以上経ちましたけど、すごくいい時間を過ごせています。今までは野球のことばかり考えていたので、また違う時間を過ごせています。沖縄にも帰って、友人の結婚式もあったんですが、そこで当時の仲間と会ったり監督やコーチにも挨拶しました」

――知人や家族にも引退を報告した。
「中には色々探して、現役をやったらいいんじゃないかという方もいたんですが、僕の中ですっきり終われたシーズンでした。これ以上野球では結果を残せないだろうなと思ったので、そこはすっきり終わることができました」


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年11月23日の野球記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オールスター」のニュース

次に読みたい関連記事「オールスター」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。