【MLB】“サイン盗み”ア軍の処分は甘い? 元楽天助っ人「どれほど痛い?」選手らの反応は…

【MLB】“サイン盗み”ア軍の処分は甘い? 元楽天助っ人「どれほど痛い?」選手らの反応は…
アストロズがヒンチ監督とルーノーGMの解雇を発表【写真:Getty Images】
アストロズには約5億4700万円の罰金と2年間のドラフト1巡目、2巡目指名権が剥奪

 MLB球界を揺るがすアストロズの“サイン盗み騒動”。13日(日本時間14日)にMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が調査結果と処罰を発表し、アストロズのジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督には1年間の報酬なしの停職、アストロズには2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4700万円)の処分が課された。この処分を受けてアストロズのジム・クレインオーナーはルーノーGMとヒンチ監督の解任を発表した。

 この米球界を揺るがす“サイン盗み騒動”。アストロズに厳罰が下されたことに、選手やOBらも続々と反応を示した。

 レッズのトレバー・バウアー投手はいち早く反応し、自身のツイッターで絵文字とヒンチ監督が語る会見の動画だけを投稿。元パドレスのフィル・ヒューズは「アルトゥーベ、スプリンガー、コレアとの対戦成績を記録から削除してほしい。マジか、酷い。そんなことができるのか?」とツイートした。

 かつてソフトバンクにも在籍したCJ・ニコースキー氏はツイッターで「ステロイド時代のように、関与した人たちによる影響の範囲は広い。対戦した投手やチームはもちろんだが、球界には監督職が30しかない。監督職を争った人たちは、不正にステータスを高めていた人に負けたことになる」とし、解任されたヒンチ監督や、疑惑が浮上して居るレッドソックスのアレックス・コーラ監督らを非難した。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。