【MLB】“サイン盗み”で解任のア軍ヒンチ監督が声明発表 関与を否定「携わってない」

【MLB】“サイン盗み”で解任のア軍ヒンチ監督が声明発表 関与を否定「携わってない」
アストロズがAJ・ヒンチ監督の解雇を発表【写真:Getty Images】
「公正性を持って選手とスタッフを導くことは私の責任です」

 MLB球界を揺るがすアストロズの“サイン盗み騒動”。13日(日本時間14日)にはMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が調査結果と処罰を発表し、アストロズのジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督、そしてアストロズ球団には厳罰が下された。

 ルーノーGMとヒンチ監督は1年間の報酬なしの停職、アストロズには2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4700万円)の処分が課された。そして、この処分を受けてアストロズのジム・クレインオーナーはルーノーGMとヒンチ監督の解任を発表。スプリングトレーニングが始まるまで約1か月という状況で米球界に衝撃が走った。

 2015年にアストロズの監督に就任したヒンチ監督。2017年にワールドシリーズ制覇を果たすなど、在任5年間で4度のポストシーズン進出、2度のア・リーグ制覇とアストロズを常勝軍団にした。就任6年目のこのタイミングで解任となり、ヒンチ監督は声明を発表。米メディアが一斉に報じている。

 ヒンチ監督はまず「マンフレッド・コミッショナーが断固として球界にとって最善となる判断を下したことに感謝しています。このような出来事につながりがあったこと、この時に球団で起こっていたことを残念に思っており、コミッショナーの決断を受け入れます」と、このスキャンダルに対して厳罰を下したマンフレッドコミッショナーの判断を支持した。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。